SRCT工法:「Made in 新潟ゴールド技術」に認定

公開:2015年3月31日
更新:2015年11月18日

<追記(2015年11月18日)>
新しい「管更生工法SRCTⅢ」を開発しました
老朽化の激しい「屋外排水管」も短時間にリニューアル可能です。当社はSRCT 工法10 年間の実績で新分野開拓にチャレンジします!
ニュースリリース資料ダウンロード:PDF

この度、当社の「給・排水管更生技術SRCT工法」が新潟県より「Made in 新潟ゴールド技術」に認定されましたのでお知らせいたします。

平成18年に新技術として「Made in 新潟 新技術情報データベース」(以下、「Made in 新潟DB」という。)に登録されてから、各方面の管更生工事にて実績を重ねた結果、当該技術が活用件数、売り上げ等の認定要件を全て満たしたとして、新潟県から「Made in 新潟ゴールド技術」の名称と専用ロゴマークを取得しました。

Made in 新潟ゴールド技術認定ロゴマーク

現在、「Made in 新潟DB」では約170件登録されている中で、ゴールドに認定されたのは当社を含め10件です。
総合評価方式での加点や詳細設計時の比較検討対象技術として扱われるなどのインセンティブが付与されます。

今後もさらに上位のプラチナ技術を目指し、新技術の普及・活用を進めてまいります。

>> 給・排水管更生技術SRCT工法のページはこちら