耐震診断・耐震補強

耐震診断の必要性

1981年以前の建物は大地震における検討がない為、「地震に耐えれるのか」「どの部分が弱いのか」を知ることができません。
そこで、耐震診断が必要になります。
耐震診断により建物の耐震性がどの程度であるかを数値化し、「現状のまま使用できるのか」「耐震補強した方がいいのか」「建て直した方がいいのか」を判断する材料とすることができます。

耐震診断の必要な建物

  1. 1981年(昭和56年)6月1日以前に着工された建物
  2. 老巧化の目立つ建物
  3. 形状の複雑な建物
  4. ピロティー大空間を有する建物
  5. 軟弱地盤傾斜地に立地する建物
  6. 過去に増改築した建物

当社で耐震診断可能な建物形状

  1. 鉄筋コンクリート造建築物(低層~中層)
  2. 壁式鉄筋コンクリート造建築物
  3. 鉄骨造建築物(低層~中層)
  4. 木造建築物

耐震診断・耐震補強の流れ

耐震診断・耐震補強の流れ

耐震補強

耐震診断で明らかになる建物の弱い部分を補強して、地震時に建物が倒壊や崩壊する危険性を低くします。
現在では様々な補強方法が開発されており、より効果的な補強方法をご提案致します。

耐震補強