断熱材の特徴

断熱材の特徴

この実験器具は、通気性の実験をしたものです。
実験器具の真ん中にあるものが、今回採用している断熱材です。
断熱材の上部に、水道水を入れ断熱材の下部に空気層を配置しています。

この下部から空気を送って通気状況を実験します。

下から空気を送ると2図のように断熱層の上部から
細かい空気の泡が発生しているところがご覧なれると思います。
一方断熱層の下部には水滴は落下していません。

これは、建物躯体から発生する水蒸気を断熱材から逃がして結露防止
の役割を果たします。一方外部からの雨水の浸入は防ぐ二つの効果を
持った断熱材になります。