断熱工法の違い

断熱工法の違い

内断熱工法イメージ図  内断熱工法は、コンクリート躯体の内側に断熱層を設けた工法になります。個別居室毎の断熱効果を期待しています。

黄色に塗られた部分の断熱材は居室内にありますから内断熱工法といいます。

断熱材が居室内にありますので、RC躯体は直接に太陽熱や紫外線や雨雪等の自然環境に影響される事がお分かりになると思います。

従って、夏は暑い日ざしによって高い熱を蓄熱します。

 逆に、冬は冷たい空気によって低い熱を蓄熱します。

この様な事から、夏には高カロリーの冷房能力を持った機器によって冷やす必要があります。また、

冬は高カロリーの暖房能力を持った機器によって暖める必要があります。

また、RC躯体が外部環境によって躯体温度が上昇したり下降したりしますので躯体が伸縮します。

内断熱工法のメリットは、一般的な断熱工法であり長い実績がある事と外断熱工法に比べるとコストが安い事が上げられます。

外断熱工法イメージ図 外断熱工法は、コンクリート躯体の外側に断熱層を設けた工法になります。建物全体をすっぽり断熱材で覆って建物全体の断熱効果を期待しています。RC躯体の外側に断熱材で覆う工法を外断熱工法といいます。

RC躯体は断熱材で保護されていますので直接的に太陽熱や紫外線や雨雪等の自然環境に影響されない事がお分かりになると思います。

 夏であっても冬であっても外部環境に影響されずに安定した温度を保ちます。居室内の温度をコンクリート躯体内に蓄熱する効果があります。

  例えば

 夏は各居室内は冷房を行ないますので、その冷気を建物躯体内部に蓄熱いたします。冬も同様に暖かい熱を蓄熱します。

 蓄熱したものは、外部とは断熱材で保護されていますので躯体内から外部への熱損失は少なくなります。

 この様な事から、空調設備の初動にかかる負荷を抑える事ができたり温度を長く保つ事が出来て効率的な冷暖房を期待する事ができます。

 また、外部環境に影響されづらい構造になっていますので建物躯体の伸縮も少なく長期間に 渡って使用が可能になります。

外断熱工法のデメリットは、内断熱工法に比べると若干イニシャルコストが高くなる事があります。