マンション経営のメリット

ハイクオリティ&ローコスト 標準プラン マンション経営のメリット 標準仕様表 事業計画 事例紹介

スタンダード プレムマンション経営のメリット

相続税対策

<土地> 土地の相続税評価は通常、路線価格を基準にしますが、マンションなど賃貸住宅を建てた土地は、「貸家建付地」として土地の相続税評価が減額の評価となり、資産を圧縮できます。
<建物> 相続税評価額が固定資産評価額となり、その上賃貸住宅には借家権割合控除が適用され、前記評価が減額されます。
<借入> 建設資金を借り入れた場合、マイナスの資産として相続の対象となりますので、所有資産の総額から借入残高分を差し引くことが出来ます。

固定資産税対策

<土地> アパートなど住宅を建てると小規模住宅用地の評価軽減により課税標準基準額が1/6になります。

(1戸あたりの敷地割合(敷地面積/住戸数)が200㎡以下の場合。)

※但し、住宅のみに適用され、商業ビルなどは対象になりません。

<建物> 耐火、3階建以上の新築住宅に対し、5年間は課税評価が1/2になります。

(非耐火構造の場合3年間)

所得税(法人税・個人所得税)対策

<建物>
  1. 建物建築費は建物減価償却費として、長期間(RC造の場合47年間)分割して必要経費として計上できます。(現金の支出ではありません。)
  2. 借入利息や保険料などもの必要経費として計上し、損益上で赤字となれば課税されません。
  3. 家賃以外の所得のある場合、合算し、賃貸事業の赤字分が差し引かれるので、所得税の軽減が可能です。(住民税も同様。)

スタンダード プレム安定収入の確保