コンクリート調査・診断・対策

1.概要
老朽化が進んだコンクリート構造物も日頃の保守・点検に基づき、変状・劣化調査・診断を行い、適切な対策を実施することで延命化を図ることができます。㈱植木組ではコンクリートの劣化調査・診断・対策に積極的に取り組んでいます。

2.調査・診断・対策の流れ
1)ご相談 : コンクリートに関するご質問や相談等をお受け致します。
2)資料等の調査 : 図面等から対象物の構造・履歴を調査します。
3)目視調査 : 現地で劣化状況を目視・打音で確認します。
4)評価調査方法の立案 : 適切な調査方法を立案します。
5)詳細調査 : 詳細調査で劣化原因を把握し、劣化度を判定します。
6)対策方法の立案 : 適切な補修・補強方法を立案します。
7)対策の実施 : 補修・補強工法を実施します。
8)終了

3.調査・診断・対策工法
1)調査項目
外観変状(ひび割れ調査)、配筋状況(鉄筋配置、かぶり等)、鉄筋発錆、中性化、塩害、アル カリ骨材反応、凍害、コンクリートの品質試験、化学的侵食等
2)補修工法
・ひび割れ補修工法 - 表面塗布工法、注入・充填工法
・断面工法
・表面被覆工法
・電気化学的工法 : 脱塩工法、再アルカリ工法
・電気防食工法
・その他工法 : 含浸材塗布工法、剥離防止工法
3)補強工法
・コンクリート部材交換 : 打ち換え・取替え工法
・コンクリート断面の増加 : 増厚工法、コンクリート巻き立て工法
・部材の追加 : 縦桁増設工法
・補強材の追加 : 鋼板装着工法、PRP接着工法、鋼板巻立て工法、FRP巻立て工法
・プレストレストの導入 : 外ケーブル工法

4.調査・施工例

衝撃弾性波試験状況2

衝撃弾性波試験状況

連続繊維シート貼付状況

連続繊維シート貼付状況

5.調査・対策実績等
1)調査・対策実績 : トンネル、橋梁、浄水場等
2)技術力 : コンクリート診断士、コンクリート技士

6.問い合わせ
〒940-0065  新潟県長岡市坂之上町3丁目4番6号
㈱植木組 土木技術部
TEL.0258-37-3306   FAX.0258-37-3296

7.リンク
日本コンクリート工学会   http://www.jci-net.or.jp/